出会い系サイトを使う上での懸念といったら、よく言われるのが「サクラ」ですね。
 
しかし実際、現在の出会い系サイトにサクラがいるのか、いたとしたらどうやって見分けるべきなのか。よく分かりませんよね。
 
というわけで今回は、出会い系サイトのサクラ事情について解説します。
 
 

そもそもサクラって?目的は?

 
まずサクラが何かを説明します。一般的なサクラは、よくコンサートなどで一般客のふりをして、会場を盛り上げたりする存在のことですね。
 
出会い系サイトのサクラは、一般のユーザー(特に女性ユーザー)のふりをして出会い系サイトに登録している存在のことを指します。
 
そして出会い系サイトのサクラの目的は「サイトの利益を上げる」ことです。多くの出会い系サイトは男性が女性とメールをするときに、料金が発生します。サクラは、その料金を支払わせるために、男性にメールを送ったり、やりとりをするのです。
 
つまり出会い系サイトのサクラというのは、コンサートのサクラとは訳が違い、人を騙す行為であり立派な詐欺です。サクラがいるような出会い系サイトは許されるべきではありません。
 
では、サクラは実際に今の出会い系サイトに存在するのでしょうか。
 
 

大手サイトにサクラはいない

 
本当のことを言うと、出会い系サイトにサクラがいるかどうかと言うことは、そのサイトを運営している内部の人間にしか分かりません。しかし、一つ言えることは、基本的に大手の出会い系サイトにはサクラがいないと考えて大丈夫だということです。なぜなら、サクラがいるような出会い系サイトは大手に成長しないからです。
 
サクラというのは、男性ユーザーとサイト内でメールをしますが、実際に出会ったりはしません。このようなサクラが蔓延しているサイトというのは、ユーザーからの満足度も低いため、成長していかないのです。もちろん、一時的にサイトが利益を得ることができますが、長期的に見ると、そのようなサイトは廃れていくしかありません。
 
これを考えると、大手の出会い系サイト、特に長年続いている老舗の出会い系サイトにサクラがいるとは考えずらいです。中でも老舗のサイトに関しては、サクラがいるとバレてしまえば、今までの信用が崩れるので、そのリスクを考えても今サクラを使っているとは思えません。
 
ただ、大手の出会い系サイトには、サクラの代わりに、実質サクラの役割を担っている「キャッシュバッカー」が多く存在しています。
 
 

サクラとキャッシュバッカーの違い

 
皆さんはキャッシュバッカーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。キャッシュバッカーとは、サクラと同様、「出会う予定もなくメールする女性たち」のことです。キャッシュバッカーについては別の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。
 
 
 
今の説明だけ見ると、サクラとキャッシュバッカーは同じような存在に聞こえますが、実際のところ何が違うのでしょうか。
 
答えは、「運営側の人間か、運営側の人間でないか」です。まずサクラですが、こちらは運営側の人間であり、サイトの運営者が100%悪意を持って雇わないことには存在しません。もしもサクラがいることが発覚してしまえば、サイトの信用はガタ落ちするでしょう。つまりサイト側はできるだけサクラを雇いたくないのです。
 
一方でキャッシュバッカーはどうかというと、こちらは、「運営側ではない人間」です。キャッシュバッカーは、サイト運営者から見れば、「弊サービスのキャッシュバックシステムを利用する、勝手に発生した人たち」です。つまり、キャッシュバッカーが存在しても、責任が運営側に帰着しないのです。
 
実質的には、同じことなのに、不思議ですね。