さて、出会い系サイトを選ぼうとしたときに、サイトごとの違いを見極めることが大切だとお話ししました。
 
そして前回では違いの一つに「料金の違い」についてお伝えしました。
 
 
では料金以外にどのような違いがサイトごとにあるのでしょうか。
 
今回お伝えするのは「規模の違い」です。
 
 

大手サイトと無名サイト

 
出会い系サイトには大きなもの(大手)と小さなもの(無名)があります。
 
初心者の方には「大手の出会い系サイト」をお勧めします。
 
なぜでしょうか。
 
それは、無名のサイトに悪質なサイトが多いからです。
 
悪質なサイトというのはサクラや業者がいるということです。
 
逆に大手のサイトにはそういった心配が比較的少ないです。
 
不思議に思う方も多いかもしれませんが、その理由は「大手サイトがなぜ大手なのか」を考えてもらえればわかります。
 

みんなが使ってるから「大手」

 
大手ということは単純に会員数が多いということです。
 
会員数が10人であれば大手とは言えません。
 
ではなぜ会員数が多いのでしょうか。
 
それは中身があるからです。
 
良質なサイトだからこそ、登録した会員が辞めずに続け、さらに口コミを広げ、会員がどんどん増えていくのです。
 
だから、大手出会い系サイトは比較的安全な出会い系サイトだと考えてもらって問題ありません。
 
※比較的と言ったのは、完全に安全な出会い系サイトなどないからです。
 
 
では逆に無名の出会い系サイトにはどのような危険性があるのでしょうか。
 
 

無名のサイトの危険性

 
 
実は無名サイトというのは無数に存在します。
 
というのも世の中には数えきれないほどの出会い系サイトがあり、その中で大手サイトというのはほんの一部だからです。
 
 
無名サイトがなぜ無名なのかというと、登録したユーザーが辞めてしまったり、口コミで流行らないからです。
 
すぐやめる理由というのはやはり悪質だからという理由が最も多いでしょう。
 
サクラが業者がサイト内に蔓延していて、ユーザーが愛想をつかしてしまうのです。
 
 
また、無名ということはサイト自体が詐欺サイトである可能性もあります。
 
ユーザーから金をぼったくり、サイト自体が姿を消してしまう場合があります。
 
逆に大手の出会い系サイトではこのような心配はありません。
 
そういう意味で、無名の出会い系サイトは怖いのです。
 
 
繰り返しになりますが、以上の理由から初心者の方にはまず大手サイトの利用をおすすめします。