皆さんは「援デリ」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。耳にしたことがある方も、「援デリ」がどういう存在か、どういった危険性があるのか、知っているでしょうか。
 
援デリについては、出会い系サイトをやる上で必ず知っておいた方がいいことです。今回は、援デリについて解説します。
 
 

援デリって何?

 
援デリというのは「援交デリヘル」の略です。援交デリヘルとは、援交することで金銭を得ようとする業者のことを指しています。
 
援デリは、今でも出会い系サイトに多く存在しています。援デリは、基本的に女性ユーザーを模していて、男性ユーザーにメールをして、援交を持ちかけます。その際に援デリは隠語を多く用いることが印象的です。これは、出会い系サイトによってはメールの文章に規制がかかっていて「セックス」「お金」などの言葉が打てない場合があるからです。
 
例えば援デリは「ゴム有りホ別2」などの文言を言ったりします。これは、「コンドーム着用で、ホテル代とは別に2万円下さればセックスします」という意味です。この様な隠語を使って、男性に援交を持ちかけるのが援デリです。
 
 

援デリは業者である

 
ここまでの話を聞くと、援デリは個人でやってるのかと思うかもしれません。もちろん、その様な場合もあるとは思います。しかし多くの場合、援デリというのは業者です。援交する「デリヘル」であるということを忘れないでください。
 
だから、女性のアカウントというのは、基本的に業者のアカウントです。メールで男性とやりとりするのも業者です。そして援交の約束を取り付けることができると、業者は女性を派遣します。この派遣する女性は、アカウントの顔写真の本人であるとは限りません。
 
なぜ女性が個人でなく業者に登録するのかというと、効率が良かったり安全が保障されているからです。風俗嬢が個人でお客さんを探して商売しないことと同じですね。
 
 

援デリのは違法である

 
援交デリヘルの説明をしてきましたが、実は援デリというのは違法なビジネスです。日本では売春防止法という法律があり、援交やそれをベースとしたビジネスも禁止されています。
 
ですので、援デリというのは、国にバレないように非合法に運営されていいるものなのです。だからこそ、援デリと関わるとどんな危険な目にあるか分からないのです。もともと警察にバレたら終わりなのですから、関わると何をしてくるか分からないですよね。それに風営法の基準を満たしていないのですから、例えば性病などの管理を行なっていなかったりなど、サービスを受けるとしても不安な点は多いです。
 
 

援デリの対策

 
ここまで援デリがどういった存在か、どのように危険な存在なのかをお話ししました。ここまで読めば、援デリがあまり関わるべき存在ではないことがわかると思います。
 
では、援デリに関わらないように出会い系サイトを利用するにはどのように気をつければ良いのでしょうか。
 
これはとても簡単です。援デリとメールを行わなければいいだけです。というのも、援デリは一般ユーザーを模していると言いましたが、メールをすれば、相手が援デリかはすぐにわか流のです。援デリとメールをしていると、援デリは早めに援交の話を持ちかけてきます。援デリが、援交の話をせずに一般ユーザーを装ったまま男性と出会って、セックスするということはありません。なぜならこの方法では、援デリが効率的に儲かることはできませんし、リスクも高いからです。
 
だから、援デリを恐れて、出会い系サイトを利用しない、なんて必要は全くないです。援デリは、簡単に避けられる存在なのです。
 
 

まとめ

 
今回は、援デリについて紹介しました。
 
援デリは、違法であり危険な存在であるので、基本的に関わるべきではありません。援デリは今も出会い系サイトに多く存在しています。
 
ただ、援デリは注意すれば簡単に回避できる存在なので、援デリを恐れて出会い系サイトの使用をやめる、という必要は全くありません。
 
ぜひ援デリについて頭の片隅に置きながら、出会い系サイトを安全に使用してみてください。